株投資の目的と税金問題

株投資に付与される税金

どちらもキチンと目的とルールを守って

株投資と聞いて多くの人は金融取引というイメージよりも、ギャンブルとイメージした人が多いのではないでしょうか。
まず、ギャンブルではお金を投資(賭ける)して大きな利益を得るためにはは運が大きく影響されます。
そして、ゲーム性の高いギャンブルが多いので、常習性も加わり負けてしまえば大きな損失を抱えてしまう場合があり、娯楽に巨額の資金をつぎ込むことになります。

 

しかし、株投資は違います。なぜなら株投資を行い、成功した人はしっかりとした投資後のビジョンを持った人が多いからです。
このビジョンですが、投資を始める動機といってもいいでしょう。貯金を増やしたい、家を買うための資金にしたい、老後のために貯金を多くしたい、事業を拡大させるため。
様々な理由から投資を始めますが、急な投資や無理な投資方法は行うこと自体間違っています。なぜなら、投資目的によって投資の方法が違ってきますし、さらには投資に掛かる資金も調節する必要があるからです。

 

目的のために、目的達成に適した投資をして株で利益を出したとします。
そうなると新たな問題が浮上します。それは株投資で儲けた利益も、個人の所得として計算されるので、税金を納めないといけないのです。
基本的に株投資で得ることが出来た利益に対して、その20%を税金として国へ収める必要があります。
また株投資に掛かる税金にも種類があり、株の値上がりで得ることが出来た利益には特別課税として利益から10%の金額を税金として支払う必要があります。

 

株投資を始める前には、投資の目的を明確に決定しておき、なおかつ利益を生んだときには税金の支払いを行うことを覚えておく必要があるでしょう。

使えるLinks

給料日前にローン返済日が来た!
橋梁日前にローンの返済日が来てしまった、返済日に纏まったお金が用意できていない時に参考になるサイトです。

ホーム サイトマップ